スズケンのうぜぇーんだよマンツーマンディフェンス

山田葵、山田桐雄最高に好きです。 むしろこの二人になりたい(`・ω・´) …いま気がついたのですが自分は異常な人おもしろい人をみたいです。良いことなのか悪いことなのか。 あと最近は謙虚さにかける言動行動が多いので気をつけたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

雪が怖い。

月曜日。

岡さんが雪が降る予報だったので、会社に前乗りする為に、おれの部屋に泊に来た。

会社に対して文句ばっかり言ってるのに、仕事に対しての取り組む姿勢に尊敬した。けど発言とか適当だし、尊敬できない部分は多いけどね。

今日30分でいけるところを3時間かかったそんときにいろいろ考えたのだが

浅野さんから聞いた話で、たなけんさんがいま何でこんなに働いてるのかと思うことがあると先輩に相談した。それは将来いまやってることを絶対にやらないんだと、その為にいま苦しんでるんだとアドバイスされたそうな。

自分は将来、世の中にある便利な物で人の生活を豊かにするものを、本気で売りたい。営業をしたい。

その為の今だと考えている。

いまやってる配送は、自分の人生の中で将来、絶対にやりたくないこと。90キロのコイル20本手おろしとか、3t分の窯業系サイディングを手おろし。長時間運転して、トイレも昼休みも我慢して、友達も近くに一人もいないこんな環境で働きたくない。

けど頑張る。お客さんの信頼を得る為に、まずは会社の人間から信頼されること。

こう思ったのは岡さんが泊まりに来たとき酒井さんと3人で飲んだとき、おれの配属先の決定の裏話を聞かされたことにもある。

元々配属先は会社の社長、常務、専務の3兄弟で全てを決めるそうなのだが、おれの就職活動や経歴全て調べ尽くされた。
酒井さんに「お前ここ以外内定もらってないらしいじゃん。」
そんなやつが営業になれるん?って上では話になって、おれは群馬へ飛ばされることになったらしい。この群馬は営業成績は全営業所の中で最下位。一昨年雪害の影響で全営業所のトップを取ったことがあった、しかし半端ない忙しさで10人採用したけど8人が辞めた実績がある。

酒井さんは「ここからは推測だが、お前のこと自主的にやめるように仕向けたんじゃね?」って言っていた。

正直悲しかったね。留年する以前の話だからね。その場で酒を煽りたかったけど、岡さんは結局連泊。気を使ってなにもできやしない。

そんなんで今週は東京帰りたいです。

まあでも今は関根部長の尽力と社長の器のでかさでここにいる。
おれはこの人たちに恩返しをしなければならない。
そして絶対にこの会社を踏み台にしてやる。寒さと雪で心折れそうになったけど、高みのLINEとかみてたら自分の不甲斐なさを如実に感じざるを得ない。
けどおれも高みの奴らみたいになりたい。正直バイトで雇うとか侮辱でしかなかった。お前なんか所詮そんなもんだって言われている気がした。今は正社員なのに。
自分はこんな評価なんだって思わざるを得なかった。悔しい。

劣等感を感じつつ。

今できることを確実にこなしていきたい。体力的に疲労して精神的なことに気が回らず、ミスを犯すなんてもってのほか。決められたルーティーンを守る。スピードは後でいい。やることやる。頑張りたい。

関根部長の言葉が忘れられず、今でも覚えていることがあります。
留年の報告した後に本社に行ったとき「君の役割は、君のその前向きな明るさで営業所全体を引っ張って行ける力があると思ったから、内定取消しをさせないように社長に直談判したんだ。期待してるよ。頑張って卒業してくれ。」
と言われたことです。この言葉は今でも心に刺さっています。

自分は、
配達の人間がどんだけ愚痴ろうと悪口を言おうと同情せず、如何にして前を向かせる為に、自分が仕向けられるか。そのことを意識づけてやる。
自分が辛くても退勤するまでネガティヴな行動をとらない。
営業になりたいというはやる気持ちを抑えて目の前のことに集中する。
これは次のボーナスまでの行動指針です。
スポンサーサイト
  1. 2016/01/20(水) 22:01:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<営業の椅子がない。 | ホーム | タイトルなし>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamadakirio.blog.fc2.com/tb.php/46-0ee9890d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。